流通と包装の関係

包装

 

物品を流通する上で、包装というのは欠かせません。

近年では、食品でも雑貨でも家具でも、工場などで大量生産し、それをトラックなどで輸送し流通するのが当たり前です。

生産したその場ですぐに消費者に売ることはほとんどないため、生産後に保管したり輸送したりする流通の場面では、生産品を保護するという観点から包装しておく必要があるのです。

 

ここでは生産品の中でも「食品」に着目してみましょう。

 

食品を包むとき、一番気をつけなければならないのは、酸化を防ぐということだと思います。なぜなら酸化することで劣化する食品がほとんどだからです。
そのため酸素を通さない材料が必要だと思います。

たとえばガスバリア性のあるモノを作ったり、密封性を保持するためにジッパー形式で開け閉めするようなモノなどを開発しているそうです。
ガスバリア性の高い材料を作るのも、多層フィルムや多層シートにすることでよりガスバリア性の高いものを作ったりしているそうです。

ほかにもバリア性有機樹脂材料をコーティングしたり、アルミ、シリカ、アルミナ、非晶性カーボンなどの金属や無機材料のコーティングをしたりするそうです。

 

ガスバリア性の材料としてPVDCがあるそうです。
PVDCは、コートしたり、単体のフィルムでも使ったり、共押出フィルム・シート用として使われているそうです。
なかでもPVDCコートフィルムはとくに使用されているそうです。
このフィルムの基材としてはOPP,ONY,PET,セロハン、ビニロン、CNYなど、いろいろと使用されているそうです。

 

コーティングの方法としては、エマルジョン法と樹脂粉末を溶剤に溶解させて塗布するものがあるそうです。これをレンジ法と呼びます。

エマルジョン法は多く使われているそうですが、ガスバリア性としてはPET基材のレンジ法が優れているそうです。耐水性にも優れているそうです。