ガスバリア性の材料色々

PVAはポリ酢酸ビニルをけん化してできる樹脂で、水溶性だそうです。
PVAというのは、耐熱性、耐油性、対訳性、保香性に優れているそうです。乾燥状態では酸素透過度はとても低いそうです。
ただ、湿度が高くなってしまうとガスバリア性が悪くなってしまう欠点があるそうです。

 

包装用ガスバリア性フィルムとして、二軸延伸ビニロンというものがあるそうです。
OPP/二軸延伸ビニロン/PEなどのラミネート構成をして使用しているそうです。

湿度依存性を改良するために、PVDCをコーティングしたものもあるそうです。
PVDCコートOPPの代替として、PVAをコートしたOPPフィルムがあるそうです。
これに防湿性の高いPE。などのシーラントをPVA側にラミネートして酸素透過率の湿度依存性に対応しているそうです。
乾燥食品などによく使われているそうです。

 

PVAというのは湿度が高いとバリア性がとても低下してしまうそうです。
それを改良するために、疎水性のエチレンとの共重合が試みられたそうです。

日本の会社によって、エチレンビニルアルコール共重合体(EVOH)が工業化されたそうです。

 

EVOHは、エチレンとビニルアルコールのランダム共重合体だそうです。
EVOHは、エチレンとビニルアルコールの共重合比によって物性値は大きく変化するそうです。
EVOH単体フィルムは無延伸タイプと二軸延伸タイプのものがあるそうです。
ポリオレフィンやPETフィルムとラミネートされて使用されているそうです。

 

共押出フィルムは、主に畜産加工品やチルドビーフなどで使われているそうです。
材料の構成としては、PE/EVOH/PE,NY/EVOH/PE,PET/NY/EVOH/PEといったように、たくさんの構成があるそうです。

中には深絞り成形もできるものがあるそうです。
EVOHは単体として使われたり、多層フィルムやシートとしても使われます。
ボトルのガスバリア材としても使われるそうです。