ナイロンの場合

ナイロンはとても種類が多いそうです。
ナイロン6,66,610,612,46,11,12,MXD6。
芳香族ナイロンやアモルファス系ナイロンなどがあるそうです。

アメリカなどはナイロン66を使うことが多いそうです。
日本はナイロン6が主に使用されているそうです。

 

ナイロン樹脂は、強度、耐熱性、耐寒性、耐ピンポール性、ガスバリア性など、優れた性質を持っているそうです。
また成形もしやすいということも、包装用フィルムとして使われる理由といえるようです。

 

包装用のフィルムとして主に二軸延伸フィルムが基材として使用されているそうです。
ガスバリア性の高さでPVDCコートのKONYが使用されているそうです。

ただ最近はKONYの代替品としてMXDV6ナイロンフィルムが多く使われるようになっているそうです。
MXD6ナイロンのラミネート用の単体フィルムというのもあるそうですが、NY6やLLDPEなどと一緒に共押出フィルムとしての用途がとても多くなっているそうです。

PANは、アクリロニトリル(AN)が50%以上含まれた共重合樹脂として定義されているものだそうです。
共重合の対象のモノマーとしては、アクリル酸、アクリル酸エステル、スチレン、ブタジエンなどが使われているそうです。
アクリロニトリルポリマーは、ガスバリア性にとても優れているということで、包装材料用の樹脂が開発されることになったそうです。

 

ANを主成分とした、アクリル酸エステル類やブタジェンなどで構成されたグラフト共重合体で作られた商品は、透明性の優れた非晶性の熱可塑性樹脂だそうです。
ガスバリア性、耐薬品性、成形加工性、保香性といったものを備えているそうです。
包装材料として、成形用やシートやフィルムの製品になっているそうです。