酸素吸収性キャップ

酸素吸収性キャップというのは、昔から行われている方法だそうです。
細菌は、ガスバリア性ポリエステルボトルに充填されたビールに酸素吸収性キャップを併用する例が多くなっているそうです。
吸収剤としては、アスコルビン酸や亜硫酸ソーダが使用されているそうです。
また、広口ビン用のものでは、鉄系の酸素吸収キャップもあるそうです。

 

今、ほとんどの飲料や食品にPETボトルが使われていると思います。
PET樹脂のガスバリア性はポリオレフィンに比べたら、かなり良好だそうです。
けれど、ビールやワインなどのような酸素に影響を受け易いモノの場合は、ガスバリア性が高くないと困るかと思います。
また250mLなどの小型ボトルの場合は、内容量に対しての表面積の割合が多くなるので、炭酸飲料でもガスバリア性を考えなければならないようです。

PETボトルにガスバリア性を付与する方法としては、ガスバリア性樹脂や酸素吸収材料との多層化とガスバリアコーティングを行うようにするということだそうです。
ビールやワインのガスバリア性ボトルとしては、共射出PET/MXD6ナイロン系多層ボトルやPET/EVOH系多層ボトルが使われているそうです。

 

これよりももっと酸素ガスバリア性を高めないといけないともいわれているそうです。
こういったことに要望に対して酸素吸収性包材を応用することで対応していくという方法があるそうです。
PET/MSD6ナイロン系やPET/EVOH系多層ボトル、PETよりガスバリア性が3倍もあるポリエチレンナフラレート樹脂を使用した単層ボトルもあるそうです。

一方で、酸素吸収材を使った多層タイプが注目されているそうです。
5層PET系酸素吸収性ボトルでビールを発売した会社もあるそうです。
ブレンド系ではないため、ボトルの透明性も確保されているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です