包装も商品として考える

ネットで買い物する人がたいへん多くなったのではないでしょうか。

ネット通販というのは、産地直送も個人でできるようですし、工場直送、海外からの個人輸入などをすっかり定着させてくれたと思います。

買う方も個人ですが、産直などをする人たちも個人経営だったりするかと思います。

そんな場合には、産地直送が判るとともに簡易包装が求められるかと思います。

昔から包装紙を取っておく人もいるといいますし、包装紙は商品の価値を決めるものだと思います。

コレクターの中には包装紙を開けたものは価値が減るという人もいるようです。

インスタント食品などは包装紙に作り方を書いてあったりするかと思います。

消費期限や賞味期限だけではなく、原材料やカロリー、栄養素なども書いてあったりするかとおもいます。

商品に関しての全てを書き出すということも必要なようです。

商品企画のなかには、包装も必ず考えていかなければならないと思います。

売上を左右するのも包装だそうです。

包装を考える場合、商品企画、製造、保管、流通、消費ということまでシステム化していかなければならないそうです。

また循環したりリサイクルできるかどうかということも大切な要因になっているそうです。

環境に優しい包装というものは現代では必須になるかと思います。

紙や竹や瓶や樽といったものの伝統的な包装というのも決して無くなることはないそうです。

可愛いとか美しいとか見た目も大切ですし、製造、保管といったものに適していないと困るということもあるかと思います。

流通のときは、ダンボールなどに入れて運ばなければならなかったりするかと思います。

末端の消費者に届くまでの包装はもちろん、生産者からスーパーなどに輸送するときの包装もリサイクルなどを考える必要があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です