食品包装の役割

包装というのは、食品を包んだりしているもので、中身を食べてしまえば包装はゴミになってしまうから、必要ないと考えている人もいるそうです。

けれど包装紙が必要ないというのは極端だと思います。

そもそも牛乳だって炭酸水だって容器がないと運べないし、売れないし、ということが考えられると思います。

食品包装というのは、その商品に傷がついたり、中から腐ったりと食品を保護する役割が非常に高いということも念頭に置いておきたいところです。

もし包装がなかったらどうなるかということを考えてみるのもいいかと思います。

昔ながらの包装だけならば、保護機能に欠けるそうです。

個別包装がないとなるとセルフサービスというのが存在しなくなるそうです。

ホコリなどの付着が気になるなんてことも考えられますよね。

また流通の点から考えると、製品が壊れる可能性は非常に高くなってしまうように思います。

温度の管理も出来ないということにもなるそうで、鮮度を保つということはできなくなるようです。

そうなると遠方の配送はできなくなるはずです。

食品の包装がなくなると、水分の多い食品は流通できないということになるかと思います。

ジュースやゼリー、半生菓子、多水分の食品は存在自体しないということになるようです。

携帯用食品などは戸外で消費できないということになるようです。

長期間の保存商品に関しては、ないということになるようです。

カビや細菌が繁殖しやすくなるということもあるようです。

レトルトや電子レンジ食品だって存在しないということになると思います。

医療品は包装ありきのもので、行政の認可も包装がないと降りないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です