吸水性樹脂について

吸水性樹脂には、でん粉とポリアクリル酸からなっているものがあるそうです。
またメタクリル酸メチルと酢酸ビニルの共重合体、ポリアクリル酸ナトリウムの架橋重合体などの種類もあるそうです。
どれも側鎖に親水基をもつ高分子鎖を架橋した立体網目構造だそうです。
水を加えると親水基に水分子が配位するために、自重の500~1000倍の大量の水を吸収するそうです。水を吸収したらゲル化するそうです。
おむつなどで見たことがありますが、500~1000倍の水を吸収するとすごく重くなるものですね。
吸水メカニズムは、高分子電解質の電荷がもつ吸引力で、吸水性高分子の外側より内側で可動イオン濃度が高くなる浸透圧を利用しているそうです。高分子網目構造を決定する架橋に基づくゴム弾力性によるものだそうで、この力関係によって吸水能力が支配されているそうです。
吸収する対象のイオン濃度が高いほど吸水能力が減少するため血液、尿、海水は純粋に比べて著しく吸水能力が減少してしまうそうです。
配達のピザにも利用されているそうです。
配送する30分間、クリスピーな食感を維持するために、薄型段ボールと吸水性高分子を積層したクリスピーカートンが採用されているそうです。
電子レンジ用などは冷凍食品を電子レンジで解凍するとドリップが出ますが、そのドリップが味を損なってしまうかと思います。その余分な水分を吸収する水分調整シートを使っているそうです。
テイクアウト用にはできたての食品で、結露水が味を劣化させてしまうということで、その結露水を吸水するものを入れているそうです。たとえばフライドチキンなどに使われているそうです。
えのき茸の生育シートには吸水したシートを巻き付けて適度の水分を保持させて生育させているそうです。

こうした吸水性樹脂を用いた包装もたくさんあります。先ほども述べたように配達のピザなんかはその代表とも言えるかもしれませんね。

包装の世界はまだまだ奥が深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です