樹脂コートバリアフィルム

PVDC樹脂は、塩化ビニリデンモノマーと塩化ビニル、アクリル酸エステル、アクリロニトリルなどのモノマーと乳化共重合して製造されます。PVDCは、コート用、単体フィルム用、共押出フィルム・シート用として、ガスバリア性包材の中で最も多く使用されています。中でもPVDCコートフィルム(Kコートフィルム)の使用量が特に多いです。フィルム基材としては、2軸延伸PP(OPP)、2軸延伸NY(ONY)、PET、無延伸NY(CNY) など、種々のものが使用されています。コーティング方法としては、エマルション法と樹脂粉末を溶剤に溶解させて塗布するレジン法があります。使用量としては、OPP基材のエマルション法のものが多いですが、ガスバリア性特性では、PET基材のレジン法のものの方が優れ、耐水性にも優れています。PVDCコートフィルム(Kコートフィルム)は、種々の多層パウチ構成で使用されておりますが、環境問題から包材用樹脂の脱塩素化が進み、PVDCコートフィルムの使用量が減少しました。代替品として需要が伸びたのが、アルミナ系およびシリカ系の透明蒸着PETフィルムとPVA系コートOPPフィルムです。ポリビニルアルコール(PVA) は、ポリ酢酸ビニル(PVAC) をけん化して得られる樹脂です。PVAは、耐熱性、耐油性、耐薬品性、保香性に優れております。また、乾燥状態での酸素透過度は非常に低いのですが、OH基をもっているため、高湿度の雰囲気では水分子がOH基に水素結合し、ガスバリア性が極端に悪くなるという欠点も持っています。このため、ナノコンポジットの技術を応用して湿度依存を少なくしたグレードが開発されております。